クラミジアの症状

クラミジアの症状にはどんなものがある?

さまざまな性感染症の中でも症例数がもっとも多く、感染のリスクが高いといわれているのがクラミジアです。

感染率が50〜80%と感染しやすく自覚症状が現れにくい性感染症

クラミジア

感染率は50〜80パーセントと言われており、性行為やオーラルセックスに伴う粘膜や膣分泌液の接触によって感染します。この病気が厄介なのはこの感染率の高さに加えて自覚症状が乏しい点も挙げられます。本人も自覚しないまま感染し、そのままほかの人に感染させてしまうケースもあるのです。

 

その意味では被害者にも加害者にもなりうる非常に厄介な病気なだけに、症状を詳しく確認し、少しでも気になった症状が見られたらすぐにでも検査を受けて確認、感染の拡大を防ぐことが大事です。

 

自覚症状の乏しさは特に女性に顕著です。女性の感染者の半数以上が無症状といわれており、感染の事実そのものに気づかないことも多いのです。しかしだからといって問題ないと済ませるわけにはいきません。そのまま放置しておくと卵巣・卵管炎骨盤腹膜炎などによって不妊症などの原因にもなります。

女性はおりものの変化、男性は排尿時の自覚症状に要注意

クラミジア

注意しておきたい症状としてはおりものの増加や変化が挙げられます。黄色や緑色っぽく変色している、ドロドロしたりお粥状になる、さらに異臭を放つようになるといった変化が見られます。ほかにも不正出血や下腹部、性交時の痛みなども挙げられます。これらは月経不順と似ていますから、症状がなかなか治まらない場合にはクラミジアの疑いを持つべきでしょう。

 

男性の場合は排尿時に気づく自覚症状がよく見られます。尿道の違和感・不快感やかゆみ、さらには膿が出てくるといった症状が挙げられます。同じく感染者が多いと言われる淋病にも似ていますが、それに比べてクラミジアの症状はごく軽く、自覚したとしてもあまり深刻に考えずにそのまま放置してしまうケースも良く見られます。ほかには発熱や精巣の腫れなどが見られることもあります。

 

日々の生活の中でこうした症状によるちょっとしたシグナルを見逃さないこと、そして気づいたら早い段階で検査と治療を受けること。症状の悪化はもちろん、感染の拡大を防ぐためにも心がけておきましょう。

もしかしてクラミジアかも?と、思ったらしておきたいこと。

 

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる

 

風俗でクラミジアに… クラミジア体験談 

仕事中にトイレに行ったら終わってもなんだかすっきりせず、しかも尿道がむず痒いような感覚がありました。それからオチンチンの先が沁みるような感じもあって…これはもしかして?と、心当たりがあったのがちょうど1週間前の職場の送別会。その帰りに酔った勢いもあってつい風俗に行ってしまったことです。風俗にはそれまでも何回も行っていたので安心していたのですが…。

 

絶対に性病に違いないと病院を受診してみるとやっぱりクラミジアに感染していました。薬を処方して貰って1週間ほど服用。1か月後の検査で陰性と言われホッとしました。もちろん、彼女には内緒にしていましたが、知らずにそのままエッチをして感染させていたらと思うとゾッとしました。(27歳・男性)

性感染症検査

更新履歴